透析を受けている人の寿命

腎不全を発症し、透析を受けている人の寿命の平均は、5年くらいだそうです。

これは、透析治療を開始してから他界するまでの平均が約5年になります。

この数字だけ見ると、望みが薄いように感じるかもしれません。

ただ、透析治療を受けている人の半数が70歳以上なので、腎不全やその合併症で亡くなったのか、そもそもの寿命だったのかの判断が難しいようです。

実際、20代くらいの若い人であれば、透析を受けていても20年以上生きている人がたくさんいます。

透析を受けている人の年齢が上がるほど平均寿命が短くなるので、自分の年代に合わせた平均寿命を確認しないと、あまり参考にならないでしょう。

それに、平均寿命はあくまでも平均値なので、それよりも長生きできることもあるでしょうし、透析よりももっと効果的な治療法が発見される可能性もあります。

例えば、近年、話題になった万能細胞(iPS細胞)が実用化されたら、自分の細胞から新しい腎臓を作ることも可能になります。

自分の新しい腎臓を移植することができれば、透析が必要ない上に、腎不全に悩まされることもなくなるでしょう。墓石の購入、墓石の見積なら墓石コネクトがおすすめです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です